埋没毛の基礎知識についてまずは勉強しよう!

せっかく脱毛を頑張っていても埋没毛があることで素足になったりお肌を露出できなくなってしまいますよね。
脱毛の肌トラブルの中でも悩まされる埋没毛ですがなぜ出来るのでしょうか?
ここでは埋没毛の原因や解決法をご紹介します。

 

埋没毛の原因とは

 

埋没毛が出来てしまう理由には実はあなたが毎日行っているムダ毛処理に原因が潜んでいるのです。
ムダ毛処理を定期的に行うことで、毛穴が傷ついた状態となり、毛穴の傷と傷がくっつく状態となってカサブタとなってしまうのです。
そうすると毛が皮膚表面に出られない状態となり脱毛することもできなくなってしまいます。
特にカミソリで自己処理している方は、深剃りや逆剃りを行ってしまっていることもあり、余計に埋没毛になりやすいのです。
では毛抜きで抜く方が安全なのかと言ったらそうでもありません。
毛抜きによる脱毛のほうが肌や毛穴へのダメージや負担が大きくなるので注意しましょう。

 

埋没毛を治すならプロの脱毛!

 

もしも埋没毛をどうにかしたい方は脱毛する方法もあります。
しかし自分では脱毛しきれないので、やはりプロの腕によるレーザー脱毛が一番良いのです。
例えば美容皮膚科や美容外科などのクリニックで埋没毛の処理をしてくれます。
やはり脱毛サロンよりもしっかりとクリニックでレーザー脱毛をしてもらう方が安全でしょう。
専門的な知識が少ない脱毛サロンで埋没毛の処理をして、余計に肌トラブルに発展してしまうケースも少なくはありませんから。

 

埋没毛の正しい処理の仕方

 

ではそんな埋没毛をなるべく発生させないためのコツは無いのでしょうか?
埋没毛は先ほどもお話しました通り、深剃りや逆剃りなどの間違った脱毛法により埋没毛が出来やすくなってしまいます。
これらの処理の仕方では毛穴を傷つけてしまいますし、埋没毛ができる可能性が高くなります。
特に本来の毛の流れとは違う方向から剃ることで毛穴が非常に傷つきやすくなり自然と埋没毛に発展してしまいます。
しかし正しい脱毛法で処理をすれば、埋没毛が出来る可能性は低くなるので自己処理をする方は正しい脱毛法を学んでおく必用があるのです。

 

埋没毛が出来やすい部分

 

ではそんな埋没毛はどのような場所に出やすいのでしょうか?
例えばすねやワキ、お腹、ビキニラインに最も埋没毛が出やすいと言われています。
埋没毛は基本的に毛が濃い部分や皮膚が柔らかい場所にできやすく、また毛の生える方向に一過性がない場所にできやすいと言われています。
そして皮膚がこすれやすい場所にも埋没毛ができるので、黒くボツボツとしたものがあったら埋没毛かもしれません。

埋没毛の基礎知識についてまずは勉強しよう!関連ページ

脱毛エステ選びのポイント
足脱毛選びの注意点
脱毛範囲は、事前に必ず確かめて。
主な脱毛法の種類
脱毛は痛いの?
レーザー脱毛とニードル脱毛の違いは?
足脱毛を医療クリニックでレーザー脱毛する前の注意点
足の脱毛を医療レーザー脱毛でやりたいという女性の方へ。医療機関のレーザーでひざ下のムダ毛を脱毛する際のポイント、注意点をここでご案内しています。
脱毛サロンを選ぶなら
医療脱毛できる脱毛クリニックのメリットはどれ?
危ない自己処理方法〜これは避けましょう。
足のすね毛やヒザ下のセルフ脱毛の失敗しやすい注意点をご紹介しています。
体験コースのキャンペーンを上手く利用してエステ選びしよう!
安全面からエステを選ぶなら
脱毛にかかる料金はどれくらい?
脱毛で肌がキレイになるのは本当?
脱毛を始めるのにベストはいつ?
脱毛クリニックと脱毛サロン、違いは
脱毛中の日焼けは注意すること!
スベスベ美脚になれるひざ下の脱毛の方法。ムダ毛処理はどれがいい?
足脱毛を皮膚科で行うメリット・デメリット
脱毛後のボツボツを直すには何がおススメなのか?
毛嚢炎とはどんな症状なの?主な毛嚢炎とお肌について
エステやクリニックでの一般的な足脱毛の回数
クリニックのレーザー脱毛機の主な種類と効果について
ソイエでのセルフの足脱毛のコツってある?(ソイエ脱毛器)
足脱毛が安いおすすめサロンはここ!
すね毛脱毛、脚脱毛で格安でお得なオススメ脱毛エステサロンをランキングでご案内しています。