エステサロンやクリニックで脱毛を受ける場合に、よくトラブルになるのが、脱毛範囲の定義です。

 

たとえば、「両ひざ下の脱毛コース」を契約して脱毛してもらう。当然ほかの部位と同じく、一回では済みません。繰り返しやってもらって、「まだ全部はいっていないな」と思っているのに「これで終了です」となる……なんて可能性があります。

 

というのは、「ひざ下」を自分の方は「ひざ小僧の真ん中より下」と思っていたのが、エステ側は「ひざを含まず、それより下」と考えていたから……

 

また、Vラインが問題になることがあります。ビキニを着ることを目的にVラインの処理を頼んだのなら、「少々動き回ってもむだ毛が見えない」ということを期待しているかもしれません。が、できあがってみると、ビキニの布ギリギリのところで処理が終わっていて、少しでもずれるとむだ毛がはみ出す……ということもあり得ます。

 

どちらの場合も、自分が気に入ったようにやり直してもらうならば、追加の施術回数と追加の料金がかかってしまう可能性があります。

 

エステやクリニックで統一された表現はありません。先ほどのひざにしても、「ひざ上、ひざ下」で分けるところもあれば、「ひざ表、ひざ裏」というところもあるし、それがどれだけの範囲を指しているのかも、それぞれです。

 

まずは、カウンセリングの時点で、きっちりどの範囲を指し示しているのか、念には念を入れて確かめましょう。それが第一です。さらには、自分が気に入らず、追加での処置が必要になった場合、どういった対処をしてもらえるのかも知っておいた方がいいでしょう。

 

脱毛範囲は、事前に必ず確かめて。関連ページ

脱毛エステ選びのポイント
足脱毛選びの注意点
主な脱毛法の種類
脱毛は痛いの?
レーザー脱毛とニードル脱毛の違いは?
足脱毛を医療クリニックでレーザー脱毛する前の注意点
足の脱毛を医療レーザー脱毛でやりたいという女性の方へ。医療機関のレーザーでひざ下のムダ毛を脱毛する際のポイント、注意点をここでご案内しています。
脱毛サロンを選ぶなら
医療脱毛できる脱毛クリニックのメリットはどれ?
危ない自己処理方法〜これは避けましょう。
足のすね毛やヒザ下のセルフ脱毛の失敗しやすい注意点をご紹介しています。
体験コースのキャンペーンを上手く利用してエステ選びしよう!
安全面からエステを選ぶなら
脱毛にかかる料金はどれくらい?
脱毛で肌がキレイになるのは本当?
脱毛を始めるのにベストはいつ?
脱毛クリニックと脱毛サロン、違いは
脱毛中の日焼けは注意すること!
スベスベ美脚になれるひざ下の脱毛の方法。ムダ毛処理はどれがいい?
足脱毛を皮膚科で行うメリット・デメリット
脱毛後のボツボツを直すには何がおススメなのか?
埋没毛の基礎知識についてまずは勉強しよう!
毛嚢炎とはどんな症状なの?主な毛嚢炎とお肌について
エステやクリニックでの一般的な足脱毛の回数
クリニックのレーザー脱毛機の主な種類と効果について
ソイエでのセルフの足脱毛のコツってある?(ソイエ脱毛器)
足脱毛が安いおすすめサロンはここ!
すね毛脱毛、脚脱毛で格安でお得なオススメ脱毛エステサロンをランキングでご案内しています。