エステやクリニックで脱毛をする場合、“お試し”ではない限り、長い時間がかかります。というのは、毛が成長したり、休止期間に入ったりといったサイクルに合わせて、施療する必要があるからです。一カ月から三カ月の期間を空けて五回以上。一年で済めば短い方……といったところでしょうか。

 

となると、当然、日焼けの季節も間に入ってくることになるでしょう。

 

脱毛に通っているなら、日焼けは避けなければいけません。あまりにひどいと担当者の方で施術を断るでしょう。

 

理由はいくつもあります。

 

日焼けすると、肌が乾燥します。ただでもダメージを受けやすい状態です。どんな脱毛方法をとろうと、たいていは毛根や毛母細胞に熱を与えて破壊することになります。弱っている肌に、さらに同じ種類のダメージを重ねる結果になってしまいます。

 

また、光脱毛やレーザー脱毛の場合、機器が使用できなくなる可能性があります。これらは、可視光やレーザー光の波長を調整し、黒い物体にエネルギーを与えるようにしています。毛の発生する場所辺りには色の黒いメラニン色素が存在しています。このメラニン色素をターゲットにしているのに、肌のほかにも黒い部分があると、こちらも熱を持ってしまい、やけどを起こしかねません。

 

また、エネルギーは当然、集中させた方が効率がよくなります。肌のほかの部分までがエネルギーを吸収してしまうと、メラニン色素が十分な高温になりません。

 

せっかく高いお金をかけて、脱毛しているのです。脱毛をしているときはいつもより外出にも気をつけましょう。海で甲羅干しなど論外です。

脱毛中の日焼けは注意すること!関連ページ

脱毛エステ選びのポイント
足脱毛選びの注意点
脱毛範囲は、事前に必ず確かめて。
主な脱毛法の種類
脱毛は痛いの?
レーザー脱毛とニードル脱毛の違いは?
足脱毛を医療クリニックでレーザー脱毛する前の注意点
足の脱毛を医療レーザー脱毛でやりたいという女性の方へ。医療機関のレーザーでひざ下のムダ毛を脱毛する際のポイント、注意点をここでご案内しています。
脱毛サロンを選ぶなら
医療脱毛できる脱毛クリニックのメリットはどれ?
危ない自己処理方法〜これは避けましょう。
足のすね毛やヒザ下のセルフ脱毛の失敗しやすい注意点をご紹介しています。
体験コースのキャンペーンを上手く利用してエステ選びしよう!
安全面からエステを選ぶなら
脱毛にかかる料金はどれくらい?
脱毛で肌がキレイになるのは本当?
脱毛を始めるのにベストはいつ?
脱毛クリニックと脱毛サロン、違いは
スベスベ美脚になれるひざ下の脱毛の方法。ムダ毛処理はどれがいい?
足脱毛を皮膚科で行うメリット・デメリット
脱毛後のボツボツを直すには何がおススメなのか?
埋没毛の基礎知識についてまずは勉強しよう!
毛嚢炎とはどんな症状なの?主な毛嚢炎とお肌について
エステやクリニックでの一般的な足脱毛の回数
クリニックのレーザー脱毛機の主な種類と効果について
ソイエでのセルフの足脱毛のコツってある?(ソイエ脱毛器)
足脱毛が安いおすすめサロンはここ!
すね毛脱毛、脚脱毛で格安でお得なオススメ脱毛エステサロンをランキングでご案内しています。