足脱毛を皮膚科で行うメリット・デメリット

足脱毛は特に範囲が広い部分なので、自分で処理するのはとても大変な部分でもあります。
では脱毛をするのならサロンとクリニック、どちらが良いのか悩みどころですよね。
ここでは皮膚科で足脱毛を行う際のメリットやデメリットをご紹介します。

 

永久脱毛を考えるなら皮膚科に行こう!

 

クリニックではレーザーを使って脱毛することが多いのです。
レーザー脱毛のメリットは何と言っても永久脱毛が出来るという点でしょう。
レーザーでムダ毛処理をすることで体毛を作りだす毛乳頭や毛母細胞などの組織を元から消し去ることができるのです。
このような組織を1度壊すことでその部分には再びムダ毛が再生される事が無いのです。
このような仕組みでレーザー処理した毛穴は一生ムダ毛が生えてこなくなるメリットがあります。

 

クリニックとサロンでは痛み方が違う?

 

脱毛サロンやエステサロン、美容外科や美容皮膚科などの医療脱毛クリニックでは使う脱毛機器が違います。
脱毛サロンでは主に光脱毛を使用しますが、クリニックなどで使われる脱毛器は医療レーザー脱毛と呼ばれるよりパワーが強い脱毛器を使用していきます。
皮膚科などのクリニックで医療レーザーを使用する場合は5〜6回程度で脱毛が終わることが多いようです。
一方でサロンなどの光脱毛は10回〜18回程度脱毛する必用があります。
しかし医療レーザー脱毛は高い効果を発揮するのですが、その分脱毛サロンより痛みが強いので痛みに弱い人は注意しましょう。

 

皮膚科での脱毛のメリット

 

まず皮膚科で足脱毛をする上で一番のメリットは、何か施術中にお肌にトラブルがあった際、その場で対処してくれることです。
例えば脱毛サロンなどで施術中に肌トラブルが出てしまった場合、また改めて皮膚科に通う必要が出てきます。
しかし初めから皮膚科で足脱毛を受けていれば、万が一お肌にトラブルが起きてもいちいち皮膚科に行く手間が省けるのです。
また医師免許を持った医師が脱毛を行うので安心して施術を受けられる点も大きいでしょう。
そして脱毛エステでは埋没毛があると脱毛効果が薄いのですが、皮膚科での脱毛処理ですと埋没毛があっても綺麗に処理できるメリットもあります。

 

皮膚科での脱毛のデメリット

 

一方で皮膚科の脱毛の効果が高いという反面レーザーの照射出力が強いためにお肌に強い痛みが現れることがあります。
脱毛の際の痛みは脱毛サロンでもあることですが、皮膚科での脱毛はその痛みの刺激が原因となり増毛化という症状が出ることも。
硬毛化とは毛の本数は減るのですが、完璧に脱毛されなかった残り毛が太くなったり長くなってしまう症状です。

 

足脱毛を医療クリニックでレーザー脱毛する前の注意点