MENU

足の脱毛をする時の注意点

足のムダ毛は自分でも自己処理しやすいのですが、問題もあります。剃るたびに毛はどんどん濃くなり、肌は汚くなります。
スベスベ肌になりたくてお手入れしているのにその場凌ぎでかえって逆効果というケースが非常に多いです。スカートを自信をもって履けるようにきれいな足を獲得しましょう。

 

やはりキレイな脱毛はエステで光脱毛するのに叶いません。足のムダ毛はさほど毛質が濃くないので、レーザー脱毛にこだわる必要はないかと思います。エステサロンは脱毛しながら美肌になれる光脱毛が魅力だし、費用が病院よりもぐっと安いのもメリットです。足の脱毛の際は、施術の範囲が3つにわかれます。

 

@狭い範囲 Sパーツ
 ヒザ周り、足の甲、足の指、ヒップ周り

 

A広い範囲 Lパーツ
 ヒザ下〜足首(=すね)、ヒザ上(=太もも)

 

B足の甲・指

 

範囲に応じてかかる料金や期間が変わりますので、事前にきちんと確認しておきましょう。
@足だけ脱毛A全身脱毛コースでお得に脱毛、2つの方法があります。


足の脱毛人気サロンはここ!

キレイモ

通常

お手頃価格で脱毛できる優良サロン

月額制の全身脱毛専門の新しいエステサロンですが、メニュー内容の質が高く人気急上昇です。コースの中には

両ひざ(上)  360°
両ひざ
両ひざ(下)  360°
足の甲 足の指

が含まれていて、お任せのコースでしっかり足脱毛ができます。美肌にする脱毛を第一に丁寧な脱毛施術で高評価です。店舗もどんどん増えていて、予約も取りやすいので通えるところにあればおすすめです。月額いくらか気になりますが支払う金額は変わらないので長い目で見て足以外にも脱毛したいならラクチンです。

 

 

脱毛ラボ

【期間限定キャンペーン】

足だけでなく全身も脱毛したいならここ
全身脱毛がとても格安にできる、コスパがすごくいいのが脱毛ラボです。全身コースのなかには両ひざ下も入っているので、足脱毛だけでなく一緒に他のところも脱毛したい方にはおススメです。メインになる22か所の全身脱毛コースがキャンペーンでは、初めの1月はかなり安くなっているのでねらい目です。58店舗あるので、たいていの街で利用できるのも高ポイント。最新のSSC脱毛を採用しています。

 

 

ミュゼ・プラチナム

ミュゼ

お手頃価格で脱毛できる優良サロン

 

全国187店舗あり、CMでもおなじみのミュゼプラチナム女性専用の脱毛サロン。、細かくパーツ脱毛ができるので便利です。足の部分脱毛は、「フリーセレクトプラン」でできます。回数が4,6,8,10.12回と細かく選べるので自分のペースや予算に応じて無理なく脱毛できるのも良心的です。ミュゼはSSC脱毛でスピーディで痛くない脱毛が有名です。足脱毛のキャンペーンはしていませんが、回数無制限のキャンペーンはかなりお得なので一緒に利用する女性が多いです。WEB予約限定でコース半額などのお得な特典もあります。

 

フリーセレクト美容脱毛コース
両ひざ上 ひざ下 腰 (Lパーツ) 4回24000円⇒12000円
両足の甲と指 両ひざ (Sパーツ) 8回 12000円⇒12000円

 

 

 

銀座カラー

銀座カラー 脱毛キャンペーン

銀座カラーはヒアルロン酸脱毛で有名な人気サロンです。ここも全身脱毛コースがお得でメインの人気コースになっています。足脱毛もきちんと幅広く含まれていますし、アフターケアのトリートメントにヒアルロン酸・コラーゲン。天然ハーブなど6種類の美容成分を配合した贅沢なミストを肌にあてて奥底まで浸透させてくれます。かなり丁寧なアフターケアなのでツルツルピカピカのすねにしたい!という女性におすすめです。

 

両ひざ上
両ひざ
両ひざ下 
両足の甲・指

 

 

ディオーネ

敏感肌専用の脱毛サロンとして、肌に刺激が少ないハイパースキン法が話題のサロンです。子供でも、デリーケート肌でも大丈夫ということで、安心感のある脱毛が好評です。38℃という低温で肌に照射するので、今生えているムダ毛ではなく毛の種に働きかけます。美肌効果も高く、火傷の心配もありません。
全国100店舗以上あるのでどのエリアにいても施術を受けられます。

 

 

 

ジェイエステティック

ジェイエステティック

 

お手頃脱毛で有名なジェイエステティックは、駅近くに店舗があり利用しやすさで人気です。足の脱毛の専門コースもあり、利用者も多いです。オリジナルの「冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛」は、スライドショット脱毛で施術時間も短く、スピーディーに脱毛してくれます。早くて快適に施術をしてくれるので従来の脱毛サロンでは満足できなかった女性にオススメです。

 

 

エステティックTBC

ヒザ下脱毛

スーパー&ライト1回体験プラン 1000円

両ヒザ下の脱毛が格安で体験できます。TBCは全国各地に店舗があり、脱毛だけでなくトータルのエステサロンとして人気です。脱毛では通常の光脱毛ではなく、オリジナルの脱毛効果が高い施術もしてくれるので、きちんとすね毛をきれいにしたいという女性におすすめです。TBCスーパー脱毛では通常のボディエステでも使っているスキンケアで脱毛後もアフターケアもしてくれるので肌もスベスベになり好評です。

 

Lパーツ
両ひざ上 ひざ下 (Lパーツ)
 ※ヒザのお皿の下から足首(くるぶし)までが脱毛範囲となります。

 

 

 

ヴィトゥレ

 

月々5000円 24回
足脱毛を含めた、お手軽な全身脱毛コースができました。
ヒザ上、ヒザ下、ヒザ小僧、中心で他の箇所も脱毛できるので、完全な美脚になりたい!という時にはお任せでいいので便利です。
脱毛箇所が多すぎて、あまり必要ないところまでも脱毛しに通わないといけない・・・無駄に感じるという女性にはおすすめのサロンです。
ヴィトゥレは脱毛専門サロンとして関東に8店舗。提携しているピュウベッロはオリコンランキングでも上位に上がる、優良エステです。料金はお安くないけれどスタッフのレベルも高く満足度が高いので、安いだけではなく質もしっかりしたものを希望する方にはオススメです。

 

 

エピレ

脱毛エステサロン

 

足脱毛が自分の希望に応じて細かく選べるのがエピレ。ひざ上、ひざ下は1か所2回 2000円で体験できます。両ヒザ、両足の甲指は4回できます。
大手エステTBCがプロデュースする実力派の脱毛エステとして人気です。ヒアルロン酸脱毛で肌をスベスベにしながら痛くない脱毛をしてくれます。店舗数の多さも魅力で全国のTBCとエピレのお店で脱毛できるので180ヵ所から選べます。女性のお客さまの声から生まれた充実のサービスで満足度も99%。

 

 

 

医療レーザーで足脱毛したいならここ

アリシアクリニック
アリシアクリニック
圧倒的に短期間で脱毛が終わると人気の医療レーザーが、清潔な院内で快適に受けられると、人気急上昇の脱毛クリニックです。駅近くで通いやすい立地条件も◎。全身脱毛のコースがお得ですが、足脱毛もきちんと入っているのでレーザーで全身を思い切ってやってみたいという人に高評価です。
22時半まで受け付けていて働く女性に便利なクリニックです。都心にしかありませんが、通える場合はおススメです。
池袋、新宿西口、新宿東口、渋谷、銀座、表参道、横浜、船橋

 

両ヒザ上 \55,000(5回)
両ヒザ \13,750(5回)
両ヒザ下 \41,250(5回)
両足の甲&指 \13,750(5回)

湘南美容外科クリニック
SBC根こそぎレーザー脱毛3400円
全国47院にあるレーザー脱毛では人気のクリニック。アレキサンドライト、メディオスターと2種類の脱毛機を使い分けて効率よく永久脱毛をしてくれます。肌ダメージが弱いメディオスターは、肌が弱い方や日焼けしてしまった人でも脱毛施術が受けられる、画期的なレーザー脱毛機です。カウンセリング当日でも脱毛できるので、忙しい女性の方でも気軽に通えるクリニックです。

 

両ヒザ上、両ヒザ下 (Lパーツ) 
9800円  1回トライアル 
17410円 1回 通常17410円 アレキサンドライトレーザー

KM新宿クリニック
医療レーザー脱毛
HAYABUSA(ハヤブサ)脱毛
肌を冷やしながらレーザー脱毛していく最新のドイツ製の脱毛機を導入して施術してくれます。肌を冷却しながらパルスを当てていくので肌のダメージも軽減。バルジ(発毛因子)を破壊してくれるので、産毛や硬毛化したムダ毛もしっかり脱毛してくれます。
東京新宿にしかないのですが、通えるならねらい目のクリニックです。
太もも 26000円(1回)/60000円(5回)
すね、ふくらはぎ(ひざ含む) 26000円(1回)/60000円(5回)
指(足、足の甲) 9500円(1回)/20000円(5回)
尻 26000円(1回)/60000円(5回)

足脱毛のエステ料金比較。価格比較でコスパのいいお店選び

初回限定でお試し価格で安く脱毛できますが、実際の通常料金も確認しておきましょう。
セットでいくつかの個所の脱毛をすることで割引になるサロンも多いです(ミュゼ)。4回以上の回数は脚の脱毛には普通にかかるので、まとめてコースにしておくのがおすすめです。

 

ミュゼ プラチナム
フリーセレクトプラン
両ひざ上 ひざ下 (Lパーツ) 4回19200円 ※WEB予約で1000円OFF
両足の甲と指 (Sパーツ) 4回 12000円

 

脱毛ラボ
全身脱毛コース 22か所 月額 9900円

 

単発、都度払い
両脚の甲と指 1980円
両ひざ上 6980円
両ひざ下 5980円
ヒップ 4980円

 

エピレ
両ヒザ上 両ヒザ下  Lパーツ 1回 7000円
両ヒザ 両足の甲、指 Sパーツ 1回 3500円

 

銀座カラー
両ひざ      フリーチョイス脱毛 6回 13500円
両ひざ上     フリーチョイス脱毛 6回 27000円
両ひざ下     フリーチョイス脱毛 6回 27000円
両足の甲、指  フリーチョイス脱毛 6回 13500円

 

ジェイエステティック
・両ワキ+両ヒザ下脱毛 100円

 

・脚2箇所プラン(両ヒザ下・両ヒザ)年4回18,000円
・Sパーツ両手の甲&指1〜3回2,500円(税抜)
・Lパーツ両ヒザ上・両ヒザ下1〜3回5,000円(税抜)

 

支払い方法
月額制のお店の場合、銀行引き落とし、クレジットカード払いが一般的です。コースをまとめて契約した場合は、一括現金払い、、お店で用意しているローン支払いなど選べます。前払いが基本です。クレカの場合は支払い回数は自分で選べます。これはクレジットカード側のサービスなので、カード会社で確認しましょう。

 

数回で脱毛が終わる場合や、さっと終わらせたい場合は都度払いのエステを選ぶのがいいでしょう。けれどやや割高になることもあります。

 

 

足脱毛の成功のポイント

足脱毛ポイント

足(脚)をどのくらい見せるかは、おしゃれの大きなポイントですよね。冬の間はロングスカートや厚手のストッキングで覆っていても、夏ともなるとお手入れが欠かせません。

 

薄着の季節がが近づくと、カミソリなどでせっせとお手入れし始める人も多いでしょう。

 

でも、面倒ですよね。それに足のお肌を荒らしてしまうことも多いです。

 

エステサロンなどで脱毛を済ませておけば、こういった苦労やトラブルともさようならできます。

 

 

1.脱毛の場合の、足の部位の呼び方

 

エステサロンなどでの足の脱毛では、足の中だけでも細かいパーツに分けてコースを用意しています。また、その使う言葉も独特です。

 

たとえば、普通の言葉遣いならばスネ毛と呼ばれるようなものでも、エステサロンの用語ならば、「ヒザ下表のムダ毛」といった言い回しになります。

 

自分がイメージする通りの脱毛をするための最初の一歩として、その言葉をひと通りチェックしておきましょう。

 

まず、分け方としては、もっとも大まかなところでも、ヒザ上、ヒザ、ヒザ下と3つのパーツになります。

 

ヒザ上とは、太もものことです。さらに、ヒザ上表・ヒザ上裏として、前と後ろに分けるところも多いです。

 

ヒザ上裏といえば、そのままヒップ周りにつながります。ですが、ここまでは含まれておらず、別料金になります。

 

ヒザといったときは、ヒザ小僧や、ヒザの皿と呼ばれる比較的狭い部分を考えればいいでしょう。

 

ヒザ下はそのヒザ小僧よりも下で、足首辺りまでです。これもヒザ下表、ヒザ下裏として、前後に分けることが多いです。

 

足の甲や指のムダ毛は、サンダルを履くなど、特に暑い季節には目立つ部位です。かつては、この部位の脱毛ができるところは、少なかったのですが、今では珍しくなくなりました。

 

2.脱毛方法は3種類

 

足であっても、ほかの部位であっても、効果の持続する脱毛を受ける場所は、医療機関(美容皮膚科、クリニックなど)、エステサロン・脱毛サロンかです。

 

医療機関ではレーザー脱毛、エステサロンなどでは光脱毛(IPL脱毛、フラッシュ脱毛)が行われています。また、エステサロンや医療機関の一部には、ニードル脱毛ができるところもあります。

 

レーザー脱毛
レーザー脱毛の最大のメリットは、脱毛効果が強力で、いったん施術が終わると一生生えてこない(永久脱毛)点です。デメリットは、痛みが強めなことと、料金が高いことです。医療用レーザーはいろいろな種類がありますが、脱毛クリニックでは複数の機械を使い分けながら照射してくれるところも。

 

光脱毛
光脱毛には、料金が安い、皮膚への負担が少なく痛みもほとんどない、というメリットがあります。

 

ただ、レーザー脱毛よりも、施術回数もかかり、期間もその分長くなります。何年も後になると、ムダ毛が再生する可能性がある、というのもデメリットです。

 

ニードル脱毛
ニードル脱毛は、かつては唯一の脱毛方法でした。痛みが強い・料金が高いというデメリットのせいで、今では少数のところで行われているだけです。

 

ですが、脱毛効果はもっとも強力です。

 

足のパーツはそれぞれに、皮膚の状態も違えば、生えているムダ毛の性質も違います。「どんな脱毛方法があるか」「どういったところで脱毛施術を受けるのがいいか」も、パーツごとに分けて考えたほうがいいでしょう。

 

3.足のパーツごとの脱毛の特徴

 

3-1.ヒザ下

 

ヒザ下の光照射の痛みは比較的耐えやすいです。ほかの部位ほどには、痛みは気にしなくていいでしょう。

 

あとは、永久脱毛になる・ならない、料金は高くてもいい・安くないと嫌だ、などで、光脱毛にするか、レーザー脱毛にするかを考えましょう。

 

ただ、レーザー脱毛の機種の中には、薄いムダ毛にはあまり効果ないものもあります。スネ毛があまり濃くない人は、光脱毛を選ぶか、レーザー脱毛の中でも、産毛や薄いムダ毛に強い機種を選ぶようにしましょう。

 

3-2.ヒザ上

 

普通の言い方をすると、太ももです。

 

ここの脱毛の特徴は、なんといっても面積が広いことです。

 

どんな脱毛方法であっても、面積が広いほど料金が高くなります。

 

もし、両ワキなどほかの部位の脱毛施術を受けていて、「安かったから、太もももお願いしよう」といった時は注意が必要です。料金表をチェックしていないと、契約するときになって金額の高さにびっくりするかもしれません。

 

特にレーザー脱毛は、もともと料金が高めです。太もものように面積が広い分を脱毛するとなると、お金も十分に用意しておく必要があります。

 

「安いことが、最優先」という人は、最初から光脱毛でいいでしょう。

 

3-3.ヒザ

 

ヒザの場合は、ヒザ上(太もも)とは逆です。面積が狭いので、レーザー脱毛でもそうは高くはなりません。もちろん、光脱毛ならば、さらに安いです。

 

中には、ヒザの皿の上に数本だけ太いムダ毛が生えているような人もいます。

 

こういった場合はニードル脱毛も考えてみましょう。

 

ニードル脱毛では、先端から熱が出る細い金属棒を毛穴に差し込みます。広い面積で、本数も多ければ、それだけ痛い思いをします。料金も高くなります。

 

ですが、本数が少なければ、施術もすぐに終わりますし、料金もたいしたことはありません。エステサロンの中には、「1本ごとに100円」といった料金設定をしているところもあります。

 

3-4.足の甲・指

 

足の甲や指も、面積は狭く、生えているムダ毛の数は多くありません。その意味では、ニードル脱毛に向いています。

 

ですが、この部分の皮膚は薄く、すぐ下に骨が通っています。痛みを感じやすい部位です。

 

ですから、足の甲や指を脱毛する場合、どの脱毛方法にするかは、自分が痛みに強い体質かどうかも大事なチェックポイントになります。

 

4.まずは、お試しコースの利用を

 

「自分が痛みに強いかどうか」「脱毛施術でお肌へのトラブルは出ないか」は、なかなか頭で考えていてもわかりません。

 

もし、エステサロン・脱毛サロンを優先的に考えているのならば、まずは「お試しコース」「体験コース」に行ってみましょう。

 

ほとんどのエステサロン・脱毛サロンが、「当店が初めての方に限り、1回だけの施術」といった形で用意しています。料金はワンコイン(500円)ぐらいのことが多いです。

 

これで施術を受けられるのは、足ではなく、両ワキなどのことがほとんどです。ですが、「施術では実際にどんなことをするのか」「光照射の痛みはどのくらいか」はチェックできます。

 

また、医療機関でのレーザー脱毛ならば、カウンセリングで試験照射を用意しているところを選ぶのがいいでしょう。

 

カウンセリングは、事前の説明・相談をする場です。たいていは1回(1発)だけですが、その場で実際にレーザー照射する医療機関もあるのです。

 

足脱毛Q&A

回数はどれくらい?

目安回数は個人差があります。少ない回数で終わるか、用意されている回数では足りないかは個人の元々の毛質や毛の濃さで決まります。どれくらいで完了するか?これは実際に通い始めないとどの程度かわからないので、あまり最初に回数にこだわりすぎるのはやめましょう。毛周期に合わせて脱毛していくので、1〜2か月に一度のペースで照射していきます。これはエステでもクリニックでも変わりません。回数多めになるのは、やはり毛質が濃い人です。

エステやクリニックでの一般的な足脱毛の回数

肌トラブル

肌トラブルが足脱毛の際に気になる人が多いですが、エステでもクリニックでも脱毛マシンを使用する際に、パワーの確認を細かくするので刺激が強すぎる際や、肌に負担を感じた際は早めに言いましょう。
細目に対応してくれるので、ヤケドなどのトラブルはそれほど気にしなくていいでしょう。それよりも脱毛後のアフターケアをしっかりとすることのほうが大切です。

 

アフターケア

 

美白化粧水や保湿効果の高い化粧水でキチンと保湿をすること。炎症を抑えることが大切です。また、日焼け止めもいつも塗っておくことも重要です。日焼けしてしまうと、脱毛ができないだけでなく光老化が進み、肌がカカサカサになり、つやがなくなっていきます。肌の老化が早く進んでしまうので要注意です。

 

足のひざ下脱毛ってどこのこと?

 

脱毛のことを調べ始めたばかりの人は、「膝下」などというと、膝のいわゆる「お皿」の一部、ひざこぞうの辺りか、そのすぐ下あたりを考えるかもしれません。
これは脛と考えていいです。つまり「膝下の脱毛」といえば、「すね毛の脱毛」のことが一般的です。

 

女性が脱毛の必要を考えるのは、まずは「両ワキ」のことが多いようです。これはアンケートでもはっきりでています。次は「Vライン」。
で、そのVラインの次か、同じぐらい脱毛の必要を感じているのが、膝下です。
「両ワキの脱毛に満足したので、次は膝下」というパターンも多いでしょう。

 

ただ、注意が必要です。多くのサロンで、両ワキの料金と膝下の料金が全く違うのです。

 

両ワキの場合、多くのサロンは採算度外視です。「ここで赤字になっても、まずは足を運んでもらう。そこでがっちり顧客をつかんで、次の契約で利益を出す」という戦略なのです。なので、両ワキと膝下では、料金が丸々ヒト桁違っていることも珍しくありません。

 

多くのサロンでは「無理な勧誘はしません」と広告などでアピールしています。が、実際にそういうところもあれば、「ただの宣伝文句。額面通りにとるほうがおかしい」というところもあります。

 

この料金の違いが頭に入っていないまま、うっかり相手の口車に乗せられて、次のコースを契約。あとで支払金額を見てビックリ……なんて人が少なくないのです。

 

両ワキの施術を受けたところで、もう一度膝下の施術も受ける、というのは様子も分かっているので、安心感はあるでしょう。が、料金を理由に選びなおすことも検討してみましょう。

スベスベ美脚になれるひざ下の脱毛の方法

脱毛サロンでの脱毛を考える際、一番初めに受けようとおもうパーツの一つに「ひざ下」が挙げられると思います。
ひざ下は、日常生活で露出する機会の多い場所ですので、むだ毛は気になりますよね。毛量が多い場合は、セルフ脱毛は頻繁にしないといけないので大変です。

 

しかも、個人差はありますが、伸びてくるスピードも結構早いので処理も大変です。頑張って自己処理をしている方も多いことでしょう。

 

自己処理

すね毛の無駄毛処理は、自己処理の場合は、脱毛テープ・カミソリ・脱毛剤・毛抜きなどが一般的ですね。除毛方法はいろいろありますが、コスパのいいものから試すのがいいでしょう。自己処理回数は、増えていけば肌にはダメージが相当になります。永久脱毛ではなくその場しのぎなので永遠に自己処理は必要になります。

 

脱毛テープ
脱毛テープでの処理は、皮膚に強い粘着シートをあててムダ毛を引っこ抜く!というイメージです。
メリットは、面でムダ毛を抜くことができますが、肌を痛めてしまうというデメリットもあります。
カミソリ
カミソリでの処理は、肌にあてる角度や強さを間違えると切り傷ができてしまいますし、やはり肌に良くありません。
表面に出ている毛だけを処理するので、処理のスパンも短くなってしまいます。
脱毛剤
脱毛剤での処理は、肌に合わない場合がある為、肌荒れを引き起こす場合があります。除毛クリームもムダ毛を科学的に溶かすもので、肌には負担になります。

 

家庭用脱毛器
自宅でいながらレーザーやフラッシュ脱毛ができます。ムダ毛が薄い人、エステに通う時間がない人にはカミソリ除毛よりは肌にダメージが少なくておすすめです。

 

毛抜き
毛抜きでの処理は、毛の方向などに合わせて抜くことができますが、毛根から抜けずに途中で切れてしまったり、
間違えて皮膚をつまんでしまったりということもあり、かなり時間が掛かります。続けていくとぶつぶつが肌にできて汚く見えるのもマイナスです。毛穴が目立ってくるので、お金をかけない分、肌は荒れていたんでいきやすいです。
その結果毛穴後の黒ずみも目立ってきます。また埋没毛になってしまうといつも肌の奥のむだ毛が黒く点々とみえてきれいではありません。

 

≫≫足(脚)のムダ毛を自己処理する方法、ひざ下のセルフ脱毛の注意点

ソイエでのセルフの足脱毛のコツってある?(ソイエ脱毛器)

 

脱毛サロンで光脱毛

脱毛サロンでの脱毛であれば、肌を傷めることなく、楽に脱毛することが可能です。
オーソドックスな場所なので、価格もリーズナブルで効果も早く実感することができます。
最近は脱毛機器もどんどん進化しており、痛みが気になる方も、受けてみたら平気だった!と感じる方が多いようです。

 

カウンセリングやテスト照射がありますので、もし痛いようなら照射量の調節で痛みを和らげることもできます。

 

自己処理では肌を痛めてしまうことが多いのですが、サロンでの脱毛であれば、
逆に肌をキレイにする効果のある脱毛方法(フラッシュ式脱毛・光脱毛)で行なってくれます。美肌効果が高いので、脱毛だけでなく2度おいしいというメリットがあります。

 

ムダ毛をキレイになくしながら、肌もどんどんキレイになるのでオススメです。

 

医療クリニックでレーザー脱毛

レーザー脱毛は出力のパワーが大きいので脱毛効果は高いです。エステでする光脱毛よりも短い期間で足の脱毛が終わります。
医療機関なので、医者がいますし、火傷などの万が一のときも的確に処置してくれるのでこの点で気になる方にはおススメです。
美容皮膚科や美容外科の脱毛は永久脱毛の効果も高いです。資格を持った看護師さんが施術してくれるのも安心。
最新医療用レーザーとして、バジル領域(発毛因子)を直接破壊するハヤブサ脱毛やメディオスターNeXTなどがあります。

 

 

≫≫足脱毛を医療クリニックでレーザー脱毛する前の注意点

値段は高めになりますが目安として、人気医療クリニック

 

≫≫人気レーザークリニックはこちら

 

ニードル脱毛

電気針を使ったニードル脱毛は痛さはありますが、脱毛効果は最も高く、まさに永久脱毛と言えます。

 

≫≫足脱毛人気ランキングはこちら

 

足脱毛選びの注意点
脱毛は痛いの?
脱毛にかかる料金はどれくらい?
脱毛クリニックと脱毛サロン、違いは

 

 

http://足脱毛.jpn.com/